不動産

空室対策で空き部屋をなくそう~管理の仕方次第で収益率が高まる~

需要を最大限活かす

安定した収入を得るためにも空室対策は基本ですよね。こちらでオススメの方法を紹介しているので参考にしてみると良いですよ。

賃貸マンションで空室対策に追われないためには

女性

建設等にかかる初期費用もエレベーターなどの設備の維持にかかる費用もアパート等に比べると大きくなってしまうのが賃貸マンションであり、それを取り返してローンを返済できるように経営していかなければなりません。 マンションの規模も調整しておくことが大切であり、近隣でのマンションの需要を考えて、どの程度の戸数までなら満員御礼を期待できるかということを不動産会社等と相談して策定するとよいでしょう。そうすることで空室対策の必要を軽減できるのです。

大きなマンションを建てたいときの考え方

賃貸マンションを建てる際には需要を考えることも必要ですが、どういった間取りや設備が求められているかを考慮することも大切です。学生街であれば狭くても安い部屋が人気がありますし、ベッドタウンであれば様々なグレードの家族住まいの部屋の需要が高いでしょう。 宣伝を行う上では単身者向け賃貸マンション、ファミリー向け賃貸マンション等とすると効果的に集客したい層を伝えることができます。しかし、そういった形に必ずしもこだわりを持つ必要はなく、複数の間取りを共存させたマンションとしても構わないのです。もし、個々の間取りの需要がそれほど高くなくとも、複数の間取りを組み合わせていけば大きなマンションを建てて、満員を期待することもできるのです。

知識をつける

マンション

不動産投資を始める上で覚えておきたいことは、山ほどあります。そこで便利なのが初心者にも分かりやすいのがセミナーであり、空室対策の基本と情報収集が簡単出来る所が魅力です。

詳しくはこちら

外国人の影響

部屋

空室対策を行う上で最も重視しておきたいのが、物件選びでありその特徴や立地を知ることが重要です。また、賃貸の利用者として外国人をうまく活用することも必要な対策に挙げられます。

詳しくはこちら

老後を安定させる

不動産

現在は、年金支給額も年々減り、国や経済に対する不信感が日増しに高まっています。そのため、老後に確実な資産を残しておくための方法としてアパートなどの投資物件を購入してから空室対策をする財テクが用いられています。

詳しくはこちら